朧月夜

Feed Rss

『Mamlaka』 Tower

09.03.2008, Lyrics, by .

#04 Tower
詞/歌:中恵光城
曲:あたいわだれか


むかしむかし、ひとはてんをつかもうとしました。
おだやかなせかいでうまれたごうまんなゆめです。
「たかくたかく、いしをつみあげればとどくだろう。」
やすらかなねむりをうたうこえもきこえません。
シェム バラル バラル ジッグラト
ほしはいのちをもやしてます。
こどくからにげだそうとして、
こどくへまよいこんだにんぎょう。
とおくとおく、あしをつけただいちがみえました。
ちっぽけなせかいにうまれたちっぽけなそんざい。
「てんとだいち、りょうをすべてかみをこえるだろう。」
ささやかないのりをうつうこえもきこえません。
シェム バラル バラル ジッグラト
そらへのぼりつづけたとうは、
やみへつながるめいろでした。
くずれくだけおちていきました。
ほしにてがとどくことはなく。
そらにてがとどくことはなく。
ひとはよくのおもみにゆらぎ、
ゆめにまよいおちていきました。
「廻り、そして繰り返す罪。 …実に滑稽な御伽噺。」

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *