朧月夜

Feed Rss

『Mamlaka』 Pandra

09.04.2008, Lyrics, by .

#02 Pandra
詞/歌:中恵光城
曲:あたいわだれか


恋人よ 君を愛しているよ
どうすれば僕を見てくれるのだろう
恋人よ 君を誰に微笑む?
その胸に何を秘めているのだろう
強く抱き寄せて
柔らかな唇に口づけても
距離は果てなく遠いまま
「わたしはゆめのざんがいなの…」
心すら箱の奥へしまい込んで
微かな声を響かせている
酷く脆弱な 硝子のパンドラ
恋人よ 君は破滅の象徴
災厄をもたらす永遠の宝
恋人よ 君は何も知らない
神と人の生贄だということを
おいで 愛しい人
全ての災厄は僕がうけよう
いつかのあの日へ帰ろう
「あかいはな、はな、からさないで…」
パンドラの箱を開こう 終わらせよう
殺めるならば せめてこの手で
深い静寂を 呪われた園へ
「あなたをずっと、あいしてた…」
残酷な神の遊戲 空は遠く
希望はとうに潰えている
冷えた雨粒が 生を流す
おかえり 愛しい人よ…

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *